誰よりも最速で何でもやる!
業務効率化を
考え続ける

五十畑 光二
Koji Isohata
社長室 
課長
入社4年

前職について教えてください

「オウチーノ」というWebサイトを複数運営するIT企業で新規営業をしていました。当時はとにかく独立したかったので「まずは営業を極める!」という想いで、毎日テレアポからの営業を行っていました。今その経験が120%活かせているのでいい経験でした。

現在の仕事内容について教えてください

僕は主に外国人旅行客向け宿泊施設と甲冑を着る体験ができる施設の運営業務サポートをしています。

外国人旅行客向け宿泊施設は現在2棟が動いていて、これから3棟目もOPEN予定です。

これらの施設ではもちろん現場で専門スタッフが仕事をしているのですが、OPENして間もないために業務を効率化できていない部分が多くあります。そういった業務フローの改善や効率化を提案したり、現在は顕在化していないけれど将来的に起こりそうな問題点を掘り起こして解決策を提案し、現場に指示を出しています。業務サポートとひと言で言いましたが、基本的に必要なことはなんでもやっています(笑)。

業務で使っている
お気に入りのツールは?

spreadsheet

Googleスプレッドシートです。

僕は自分の業務を効率化するためにずっとMacを使ってきましたが、最悪MacがなくてもGoogleさえ生き残っていてくれれば、Windowsでも仕事はできると思っています。でもGoogleがなくなったりしたら、もう仕事できないでしょうね(笑)。

SCHEDULE
五十畑光二の一日

08:30〜 出社 1日のやることを再度整理
09:00〜 企画のアイディア出しや計画の作成
11:00〜 進捗の確認や実績の分析など
10:30〜 サイトの機能要件など、考え事をする
11:30〜 指示出しや計画の修正、報告など
12:30〜 ランチ(和食ばかり!)
13:15〜 昼寝
13:45〜 メールの返信、電話、パワポの作成などの作業
15:00〜 ミーティング、外出など
18:30〜 1週間の予定を再度整理し明日のスケジュールを確定
19:00〜 飲みに出かけたり、帰宅したり(魚料理をつくる!)

自身の強みについて教えてください。

一番はスピードですね。基本的にスピード命で仕事を進めます。進めるスピードが早ければ、失敗したときにすぐ修正対応できますから。それにプラスして精度もあげることで、最短距離でゴールを目指すことができます。

とは言っても、これは目先のスピードだけのことではありません。プロジェクトごとに最も早くゴールに到達できる方法を常に考えています。ゴールまでを見通して計画を立てていく中で、今時間をかけてでも解決すべき問題や、やっておくべきことなどを割り出してその時にやるべきことをこなしていきます。

現場の問題については、よく上からも下からもそれぞれの立場からいろんな要望や意見をもらいますが、その意図をきちんと理解してから解決策に落とし込むようにしています。それぞれの意見に対してその場しのぎで解決策を提案しても、その場だけは一見解決したように見えますが、後々また同じことが問題になってくるんですよね。なので、もらった意見の意図をしっかりと理解して、問題の根本原因を探ってからそれに対しての解決策の提案をします。

常に業務を改善しよう、効率化しようという気持ちと、それを考える思考を止めないことは僕の中で重要な要素であり、強みだと思います。


あとは、嫌いな仕事がないというところですね。

新しいことを知るって、楽しいじゃないですか。知らないことを知ることができるというのは僕の仕事のモチベーションになっています。

仕事をする上で気をつけていることは?

まずは僕自身が冷静であることですね。

冷静に状況を見て、分析して、問題の根本を突き止めなければ解決方法は見つかりません。また、冷静であると周りから見られることで、業務がやりやすくなります。

業務中に感情的な要素の入る隙を与えてしまうと、今度はそこに甘えてしまう人間が出てくる。そうなると他の人間も同様に甘えだしてしまうので、とても業務がやりにくくなってしまいます。仕事をする上でそういった感情的な甘えというのは非常に邪魔な要素になってくるので、僕はできるだけ感情を出さずに仕事をするようにしています。

もともと僕は感情の起伏があまりないタイプなのでこれは得意な分野になるかもしれません。


もう一つは売り上げを作ることです。

僕が昨年度まで行っていた業務では、うまく売上を作ることができず失敗してしまいました。この経験が今、仕事をする上で「売上を作る」という意識に繋がっています。以前の事業部では計画段階から含めると丸3年くらいかけて工務店同士のマッチングサービスを運営していました。僕はそこの責任者を勤めていましたが、様々な理由でうまく事業をマネタイズできませんでした。

やはり会社の事業として進めていく以上、売上を確保しなくてはなりませんから、この経験が僕の仕事に対する意識を変えてくれましたね。

現在の業務を行う上で重視している効率化やスピード重視といった部分も、しっかりと売上を作るための要素として必要になので常にそこは考えています。

いまの仕事のやりがいと今後の目標はなんですか?

やりがいは現場がうまく回ったときですね。

現場がうまく回っているということは、僕のヒアリングが正しくできて、問題を正しく捉えることができ、かつ的確な解決策と指示が与えられたということなので。現場スタッフのやりやすさを作ることができたっていうことが僕のやりがいになります。

そのために現場の仕組みづくりだけでなくスタッフのモチベーション作りも工夫しています。スタッフのやる気をあげられなくては、いくら良い仕組みができてもうまく現場は回りませんからね。


今後の目標としては、新しいことをどんどん知っていくことが僕の人生の最大の楽しみなので、知らないことを知る、ことですかね(笑)。僕自身すごくわがままなので、知らないことで困りたくないというのが根本にあって。知っていれば解決できた問題も、知らないことで世界が閉ざされて解決できなくなってしまうというのは本当に嫌です。そのためには、ある程度の位置には自分がいなくては、というのは常に思っています。自分が知りたいことを知ることができる位置にはいたい、というのが僕の目標です。どの業界でとかどの分野でというのはないし、自分が100%専門的なことについてまで知っている必要はないんですけど、そこに行き着くまでの道のりを手に入れられる位置にはいたいですね。ただ困ってオロオロしているだけというのは絶対に嫌なので。

後悔したくないっていう方が近いかもしれません。

MESSAGE
これから加わるメンバーへ

メディオテックは何か目標があって、先を見据えている人には絶好の場所だと思います。

大企業ほど意思決定が遅いわけではないし、小さい会社ほど資金力がないわけではないので、何か目標を持ってチャレンジしたいという人には絶好の場所です。

いつでもチャンスに恵まれているし、「まず、やってみよう!」の精神の会社なので、ぜひ、メディオテックでチャレンジしてみてください!