棟梁ドットコムの運営を一緒にやりましょう!
リフォームサイトに愛を注ぐ

宮北 裕一
Yuichi Miyakita
コンストラクション事業本部
コンストラクション事業部
Webマーケティング課 
課長
入社3年

前職について教えてください

メディア運営会社、出版社、WEB制作会社と3社全てでWEB制作に携わってきました。
これらの会社では、情報設計、デザイン、コーディング、ディレクション、プロジェクトマネージメントと、WEB制作に必要な作業の経験を積むことができました。

現在の仕事内容について教えてください

棟梁ドットコムという、リフォームや住宅設備工事を一般の方から承るWEBサイトの運営業務を行っています。
この仕事はWEBサイトの運営ではありますが、サービスを売り、売上を上げることが目的であるため、「売上を上げるためのサイト作り」を常に意識して業務に取り組む必要があります。
どうすれば売上が上がるのか?この課題は過去のWEB制作の仕事では無かったもので、元々物を売りたかった私にとって、今は大変良い刺激のある環境で仕事をさせてもらっています。

業務で使っている
お気に入りのツールは?

Photoshop

長年のお気に入りはPhotoshop(フォトショップ)です。
Photoshopなら自由度が高いため提案ベースでこちらのイメージを伝えることができ、仕事が速く進むためです。

SCHEDULE
宮北裕一の一日

08:30〜 出社
09:00〜 朝礼 チームミーティング
09:30〜 メールチェック&メール対応&昨日の広告施策の分析
10:00〜 稼働中プロジェクトのタスクに取り組む
13:00〜 稼働中プロジェクトのタスクを完了させて、次のプロジェクトの確認
13:30〜 昼食 社内で弁当を食べます
14:30〜 仕事再開
15:00〜 協力会社1と打ち合わせ
16:00〜 協力会社2と打ち合わせ
17:00〜 本日分の最終メールチェック&メール対応
17:30〜 次のプロジェクトのタスクに取り組み開始
18:00〜 終礼
19:30〜 残タスクをリストアップし、明日以降の業務計画を立てる
20:00〜 退社

WEBを制作する上で
大切にしていることを
教えて下さい。

どんなことにも言えるんですが、真っ先に考えるのが「存在意義があるか」です。
サイト制作ならそのサイトのサービスに存在意義があるか、ページ制作ならそのページに存在意義があるか。存在意義がないものは作っても意味がありませんので、まずは制作前にしっかりとコンセプトを持たせることは非常に大事だと思います。加えて、その存在価値も高くなるように考えることもポイントです。
存在意義を持たせたら、あとはいかに魅力的に作れるかです。存在意義があっても魅力が無いページは誰からも興味を持たれません。そんなサイトは早いうちに忘れられてしまうものです。基本的なことになりますが、まずは存在意義があるか、次に存在価値は高いか、そして魅力的か、というものを大切にしてWEB制作に取り組んでいます。

これらのポイントをしっかり判断するためには、やはり世間のニーズをしっかり把握しておくことが必要ですね。需要がなければ意味がありませんので、常日頃から情報収集はかかせません。また、WEB制作は技術の刷新が早く、新しい技術もよく出てきます。それはWEBデザインにも顕著に表れてきます。他のWEBサイトのデザインや動向、トレンドにアンテナを常に張っておけば、時代にフィットしたWEBサイトが作れるのではないでしょうか。

今の業務の大変な所と
楽しい所を教えて下さい。

楽しい所しかありません。仕事の全てを楽しんでやれています。
いろいろな作業がありますが、最終的には自分の好きな「物を売ること」に繋がっている作業なので、どれもが楽しく取り組めます。
主にサイトの分析、戦略、企画などの担当ですが、これは売上に直結する部分ですので、純粋に楽しいです。あれこれ考えた結果、売上が伸びていくのはとてもやりがいがあります。ただ、それ以外の雑務のような仕事が実は大部分を占めたりします。その時は、「本当にこの作業って必要なの?」と考えるようにしていますが、必要なのであれば売上が上がるイメージを持て、楽しくなります。
これは自論ですが何事も、「楽しくなければ続かない」と思っています。

というわけで、どんな業務があったとしても楽しくなるポイントを探して取り組みますので、基本的には全ての仕事が楽しいです。大変なところはマイホームからの通勤ですね(笑)

MESSAGE
これから加わるメンバーへ

メディオテックは様々な職種のメンバーで運営していますが、どの職種でも共通する大事な考え方があります。それは自分に与えられる役割をしっかり理解して、本気で業務に取り組むということです。
また、信念・ポリシーのようなものを全ての人が持っていると思いますが、そこは曲げる必要はないと思っています。それがその人の個性であり、最もパフォーマンスを発揮できるやり方なんだと思います。その個性をいかに社内で上手く表現して、理解してもらうか。その方法を考えて実践していけば会社にフィットできていくと思います。